仕組家 高橋憲示

「仕組家とは」
~売るよりも存在意義の確立へ~



仕組家とは

自分自身の「役割」や「存在意義」を見つけること。
これは、ブランディングには不可欠な大切な要素です。

これからの時代のブランドは、
「世の中を豊かにするための自己の存在の確立」
「誰かの幸せを創るために存在すること」

これらが重要な時代となってきました。

個人や組織の中に在る「存在理由」を明確にし
存在意義を輝かせるための「仕組み」を創ることにより
ブランド力の向上を実現し、世の中から必要とされる存在になる。

仕組家は対象者の現状を分析し、
時代の要求事項を照らし合わすことで
新たな仕組み、ビジネスモデルを構築します。

仕組家 高 橋 憲 示

ブランディングオフィスアンドオン 代表
日本仕組家協会 会長

【略 歴】
高橋憲示(新潟県三条市)
1971年新潟県三条市生まれ。地元工具メーカーにプレス工として入社、その後管理職となり、36の新商品を開発、グッドデザインを受賞する。2011.3月に独立、2014年2月グッドビジネスアワードにて全国の5人の専門家に贈られる「ベストパートナー賞」を受賞。現在では、中小企業庁および地方自治体、支援機関に専門家派遣要請を受け、年間100社の経営支援を行う。

【著 書】 小人の国のナノブランド

【所属機関】
専門家委嘱団体 中小企業庁、新潟県商工会議所、新潟産業創造機構、埼玉県産業振興公社、埼玉県商工会議所、埼玉県商工会連合会

My trajectory

Three anniversary ceremony

20140315

Kobito no kuni no nano Brand

20141209

Good Business Award

20140209

Facebook

2011~