日本仕組家協会
Japan strategist Association

日本仕組家協会とは
ビジネスの変化と仕組家の必要性

 日本仕組家協会の認定する仕組家資格は、商品開発や販売戦略、財務などの多種多様なコンサルタントと異なり「社会的要求事項」や「ビジネスの背景」、「存在理由」などの観点からビジネスをを評価し、事業目的をブラッシュアップすることで事業計画の「真の筋書き」を確立し、事業者が存在意義を抱き、手ごたえを得ながら意欲的に事業展開を図るための助言指導を行える人材育成のために、カリキュラムによって知識と技術を習得、向上するための認定資格です。 仕組家の活動対象は、日本国内に420万社占める小規模、中小事業者また、創業者となります。小さなブランド(ナノブランド)に対して寄り添えるアドバイザーが仕組家なのです。

市場環境の変化に対して経営アドバイス

 現在、「労働省編職業分類」には28275種の職業名が採録されており、職業は時代のニーズに正比例し細分化をしています。仕組家協会では、従来の企業診断、財務中心の経営コンサルタントや商品開発、販売促進のコンサルタントとは異なり、事業目的(存在理由、理念、独自技術、社会貢献度)をブラッシュアップし、事業計画の軸となる筋書きを構築しデザイン、開発、販促、レビューなどを繋げた仕組みコーディネート、継続した運営サポートを行える人材を養成します。

 事業者目線でありながら俯瞰で事業の全体像を把握し、企業の存在理由を明確にするために事業の現状と社会の要求事項を分析し、実現可能性の高い事業戦略を実践し、事業発展の筋書きを実現するキーパーソンとして役割を果たします。

 事業者を理解し、経験と実務をベースとした筋書きづくりを行い、社会的な役割をビジネスに反映させることで市場に求められるデザイン、商品開発、販路開拓、販売促進活動につなげ業務のコーディネートを行い、一貫した事業のサポートをいたします。 国、自治体、商工会議所、商工会、金融機関などの支援機関による補助金、助成金事業の「小規模中小企業支援施策」を活用しながら、事業戦略の企画立案もアドバイスをします。

事業課題の解決のカギは公益性にあり

現在、世界中では様々な問題が起きています。
日本国内でも国が抱える課題は山積しています
・地方創生 インバウンドによる来街者の増加
・食糧自給率 未利用品の活用による商品開発の拡大
・少子高齢化 シニア世代活用、コミュニティの増加、両立支援
・医療費問題 シニア世代の健康管理、ライフスタイル改善
・エネルギー問題 エコ社会の実現
・ストレス社会 コミュニケーション不足、職場環境改善
など、まだまだ国は問題を抱えています。

公益性事業とは、世の中の問題に対して打開策を提示できる事業のことであり、事業経営者は問題解決を組み込んだ事業を展開することが役割を果たし、存在意義の確立へ結ぶのです。
八百万(やおよろず)の経営者が正義と仁愛の経営を実践し、公益性を伴った事業を展開してこそ日本のチカラは発揮できます。

従来の経営コンサルタントと仕組家の大きな相違点とは?

 従来の経営コンサルタントは「経営状況の把握、問題の分析、改善案の提示」であり、仕組家は「企業の潜在的な能力による存在意義の確立」が基本となります。 様々な職種に対してのコンサルタント業務は「販売手法」が主となるのに対して仕組家は「企業目的」を主とする業務となります。

仕組家の仕事

 企業の抱える問題として「何を作ったら良いかわからない」「作ったけど売り方がわからない(売れない)」など、様々なケースが存在ます。多くの経営者、販売責任者が抱えている勘違いは「売ろうとしていること」です。
 売ろうとしている企業は「売ること」に一生懸命になるばかりで「販売手法」に注力します。世の中にはもっと困っている人がいて、企業ができるコトで助かるはずなのに「できるコトに目を向けず、作ろうとせず、売りません」売れることにも仕組みがあると同様に、売れない人にも仕組みがあるのです。
売れない仕組みの中にいたら、残念ながら、いつまでたっても必ず売れません。それは努力とは関係ないからです。その様な悪状況を打破するには、企業の中に魅力を見出し、取り囲む環境の中で売れる仕組みを構築するために企業経営者との面談、応対業務、ディスカッションを繰り返し助言を行うことのできる「仕組家」が必要となります、経営者では見えなかった「視点」で解決のカギを与えることが可能になるのです。

事業の結果には仕組みが重要です

売れない仕組みの中にいたら、残念ながら、いつまでたっても必ず売れません。それは努力とは関係ないからです。その様な悪状況を打破するには、企業の中に魅力を見出し、取り囲む環境の中で売れる仕組みを構築するために企業経営者との面談、応対業務、ディスカッションを繰り返し助言を行うことのできる「仕組家」が必要となります。経営者では見えなかった「視点」で解決のカギを与えることが可能になるのです。

「存在意義が問われる時代」

モノにあふれ、情報が錯綜する時代にあって、人々は本質を心から求めています。 本質とは「幸せ」誰かの笑顔を自分たちで実現すること。 人も企業もモノも、それぞれに役割があります。必ずあります。 誰かの幸せを創るために存在し、誰もが世の中に必要な存在なのです。 企業の大小は関係ない、個人事業主も大企業も「役割に嘘をついたら終わりです」 人も企業もモノも、果たすべき責任がある。 ジグソーパズルのピースのように、それぞれが噛みあって一つの世界を創造する。 そのために、自分自身の役割に気づき完全燃焼することは、現代を生きるすべてに与えられた使命なのです。