ソーシャルビジネスの構築事例

地域の金融機関や自治体の政策課題の解決に、地域事業者の課題解決につながるソーシャルビジネスを構築することで最良なソリューション環境を提案いたします。
これまで、様々な地域で社会課題と事業課題を掛け合わせることで多岐にわたるソーシャルビジネスを構築してきました。

三条ベース
2015~

2015年、地域の子供たちの居場所づくりのため、廃工場を活用したコミュニティづくりを展開している。館内には駄菓子屋、ゲームコーナー、図書、卓球台、フリースペース等を設け、年間のべ1万人ほどの子供が利用している。

子どもの居場所コミュニティ
空き家活用

ZUPPE燕三条
2018~

2018年より、三条ベース2Fに地域の不用品を引き取り、必要なモノを持って帰れる「循環スペース」を設け展開している。地域住民が不用品を持ち込んだ際は返礼チケットと交換し、チケットを使用することで循環スペースの好きなものを5点まで引き取れる。衣類は3,000着、食器や文房具、育児用品の多岐にわたり、幅広い品目が陳列されている。

ゴミの減量化
資源活用
貧困格差対策
子育て支援

学生服ばんく
2021~

ZUPPE燕三条に併設されており、学生服に特化したスペースを設けている。学生服の提供者にはチケットを2枚、サイズに合う学生服があれば無料で提供する。

子育て支援
貧困児童対策
資源活用

まんぷくベース
(移動子供食堂)
2021~

中古自動車販売と飲食店を結んだサービス、ロス食材を使用した献立を開発し、企業協賛5万円で100食分の子供食堂を運営する。また、キッチントレーラーを有事災害の際の炊き出しに使用することもでき自治体との地域協定を広げてゆく。

フードロス削減
貧困児童対策
飲食店救済
有事対策

福祉作業所製品ブランド構築
「虹丸商店」
2022~

福祉作業所様の利用者は多彩な才が多く見受けられ、細かな作業や斬新なデザインなどの付加価値を商品化するために、アドバイスによる開発をし販売まで伴走することで、施設の運営や利用者の工賃の向上つながる展開を実施

障害者雇用
就労継続支援
地域連携推進

新潟着物語り
2022~

「新潟着物語り」は、文化衰退が懸念されており、廃棄処分されている「和装・着物」を今一度、日常で着るための「現代和装」に生まれ変わらせるためのサスティナブルファッションを推進する着物リメイクブランドです。事業の実施には福祉作業所が欠かせない工程をつくり、包括した就労支援を実施する。

ゴミの減量化
資源活用
就労継続支
援文化継承

福祉の百貨店
(福祉法人支援事業)
2022~

社会福祉法人やNPO法人、一般社団法人は事業の性質上「事業性」についての検討をする必要があるが、中小企業の活用する専門家派遣などを活用するには至っていない、もしくは収益事業者では専門家アドバイスを受けられないため、弊社独自の支援窓口を設け、毎月定期的な相談業務を実施する。

一般社団法人、非営利福祉法人のための事業支援

西堀ベース
2022.9月開店準備

新潟市西堀地下の「西堀ローサ」と契約し、2022年9月に店舗を出店する。西堀ベースは当社が関係する事業者のサービスや商品の販売、また事業相談受付などを実施し、総合的な支援を繋ぐ場として展開することで、西堀地下街の来街者増を創る。

課題解決総合支援
来街者減少の解消

農村のNOWSON

農作業用の軽トラックを大幅なコストダウン、農業従事者の負担を軽減、「NOWSONファーマーズマーケット」で消費者と農家をつなぎ「規格外野菜」で車両メンテナンスチケットや生活衣類などと交換フードロスゼロを目指す。農村地域の整備工場と提携し、農村地域に特化した仕組みを構築

農業従事者高齢化
ロス食材活用
中小企業支援
脱炭素活動

主たる事業連携先

WORKS

取材・メディア出演

NANOBRAND.LLC

屋号 NANOBRAND.LLC
役員 CEO 高橋憲示

HEAD OFFICE/SANJO BASE
〒955-0044 新潟県三条市田島1丁目17-9

CREATIVE OFFICE/fablab tsubamesanjo
〒955-0844 新潟県三条市桜木町12-38
三条ものづくり学校304号室
TEL:0256-64-8279
FAX:0256-55-6266

URL:https://www.nanobrand.co.jp/

CONTACT

中小企業支援・創業・講演・セミナーなど

高橋憲示への仕事の依頼、問い合わせなどありましたら
下記のバナーよりメールを送信願います。
内容を確認次第折り返し連絡させていただきます。